難病と闘うよしあきさんに肝臓移植を よしあきさんを救う会

支援:NPO 特定非営利活動法人 日本移植支援協会(内閣府認証)

病気の経緯

よしあきさんは22歳の時、風邪がきっかけで検査入院し、「自己免疫性肝炎(じこめんえきせいかんえん)」と診断されました。
その時に医師に言われていたのが、5年以内に胆道の形が元に戻らなければ、「原発性硬化性胆管炎(げんぱつせいこうかせいたんかんえん)」が確定します、と宣告されました。
その後5年間で、養生しながら生活をしていましたが、5年経った、28歳になっても症状が改善されず、「原発性硬化性胆管炎」が併発(へいはつ)する事となってしまいます。
両病気とも指定難病(していなんびょう)であり、原因不明の病気です。現在、余命2年と言い渡されております。
元、慈恵医大、現、山王病院の銭谷幹男(ぜにやみきお) 医師の指示で、東京慈恵医科大学付属病院(とうきょうじけいいかだいがくふぞくびょういん)での治療をうけていますが、根本治療は移植手術しかなく、慈恵医大(じけいいだい)の外科医師、柴 浩明(しば ひろあき)医師の紹介で、アメリカでの病院を紹介していただいて、移植に向けての準備を進めています。
治療には「肝臓移植(かんぞういしょく)」でしか方法がないとされており、よしあきさんの場合、生体肝移植(せいたいかんいしょく)は再発の可能性が高い為、脳死ドナーからの提供になってしまいます。
日本では移植待ちの患者が多い事や、脳死ドナーからの臓器提供が近年、可能になったものの、まだまだ日本での移植手術は極めて難しく、今回の海外での移植という手段をとるしかありません。

よしあきさんの病気の症状

倦怠感(けんたいかん)、食欲不振(しょくよくふしん)、体がかゆい、黄疸(おうだん)、睡眠不足、むくみ。一番悪い場合は胆管炎(たんかんえん)、肝性脳症(かんせいのうしょう)を引き起こしたりもします。

募金目標金額

 

75,000,000円

内訳

募金総額

 

75,685,051円

※11月8日現在の金額 ※うち3300万円は日本移植支援協会からの寄付です
みなさまの温かいご支援により目標金額7,500万円を達成いたしました。
本日9月21日をもちまして募金活動を終了させていただきます。
たくさんのご協力、深く感謝いたします。ありがとうございました。
SAVE NAKAICHI  PROJECT
よしあきさんをもっとよく知ってもらうために、支援の輪を広げるために作られた募金サイトです。
クレジットカード、コンビニ決済、銀行振込決済など募金方法を選ぶことができますので、ぜひご利用ください。
よしあきさんのより詳しいプロフィールや、よしあきさんを応援する人たちからのメッセージを随時掲載しています。

ひとりでも多くの人に知ってもらいたい

よしあきさんを救う会 のこと知ってもらうために、フェイスブックでのシェア、ツイッターでの共有にご協力いただけると幸いです。